Blast Powercore gen4 eW, eColor

インストール手順

PDF-000377-07 R04

2019年11月15日

国または地域の建築コードおよび規制にすべて従い、資格のある電気技師が設置してくだ さい。
この製品を設置する前に、www.colorkinetics.com の製品ページにアクセスして、最新の設置 手順を確認してください。 善・改良を継続的に行っているため、取り付け手順が予告なく変 更されることがあります。

  1. すべてのコンポーネントが揃っていることを確認します。

ガスケット リング (取り付け済み)
  1. 電気的計画と必要なすべてのサージ保護要件を確認します。

重要なサージ保護要件: www.colorkinetics.com/KB/surge-protection
Configuration Calculator を使用して、すべての照明器具、Data Enabler Proデバイス、およびコントローラーを識別および特定し、モデル、線間電圧、回路負荷、ケーブル長に基づいて各回路がサポートできる照明器具の数を計算します。

精密調光フィクスチャのみ

個々の長さは最大 53.3 m
合計の長さは最大 122 m
  1. 精密調光フィクスチャのみ - 各フィクスチャの場所とシリアル番号を書き留めます

  1. 電源が OFF であることを確認します

  2. (オプション) ケーブル〔電信〕を取り除いてください

ケーブルを緩めます。

ケーブルロックを取り外す

  1. 器具の接続

オンオフコントロール

精密調光

ライン電圧

  1. 取り付けオプション

フラット サーフェイス (お客様がご用意するハードウェア)

屋内用ジャンクションボックス (#8-32 のネジ)

屋外用ジャンクションボックス (#10-24 のネジ)

  1. 湿気が高い、または濡れている場所では、水が入らないようにすべてのポイントを密封 してください。フィクスチャのガスケット(付属)、RTVシリコン、全天候型ジャンクション ボックスを使用してください

  1. 精密調光フィクスチャのみ - リーダー ケーブルを接続します

特定の取り付けおよび配線手順については、データイネーブラーProの取り付け手順を参照してください
  1. 電源を ON にします.

  2. 精密調光フィクスチャのみ - QuickPlay Pro ソフトウェアで器具を操作します

  3. 付属物の取り付け (オプション)

インストールの詳細:を参照してください Blast Powercore Accessories Installation Instructions

取り付けアームの取り付け (オプション)

インストールの詳細:を参照してください Mounting Arm Installation Instructions
  1. フィクスチャの方向を調整します

ビームが目に入らないよう注意してください
  1. 器具のロック

器具を固定する場合は手工具のみを使用してください

最初に回転ネジ (2.5 mm) をロックします。

トルク設定は 2,82 N-m

チルト ロック ネジ (5 mm)

トルク設定は 13,5 N-m

  1. 安全ケーブルを取り付けます。

フィクスチャを設置または配線する前に、主電源がオフであることを確認してください。
置手順と安全ラベルを読み理解してから、フィクスチャの設置または使用を始めてください。
レンズ、ハウジング、または電源ケーブルが損傷している場合は、フィクスチャを使用しないでください。
フィクスチャには、感電の危険がある電流が流れており、ユーザーが保守できる部品はありません。フィクスチャを開けようとしないでください。
規定以外の電圧でフィクスチャを使用しないでください。フィクスチャに供給される電圧および電流が、指定された値を超えないようにしてください。
電源を入れたままフィクスチャを交換しないでください。個々のフィクスチャを接続または取り外す前に、直列フィクスチャへの電源がオフであることを確認してください。
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures: - Reorient or relocate the receiving antenna. - Increase the separation between the equipment and receiver. - Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected. - Consult the dealer
This Class B digital apparatus complies with Canadian ICES-005. Cet appareil numerique de la classe B est conforme a la norme NMB-005 du Canada.
220V条件下功率因数≥0.90, 最大电流0.25A.

© 2019 Signify Holding. All rights reserved. Specifications are subject to change without notice. No representation or warranty as to the accuracy or completeness of the information included herein is given and any liability for any action in reliance thereon is disclaimed.

www.colorkinetics.com


How did we do?


Powered by HelpDocs